議決権の行使について

議決権行使に関する基本的な考え方

メルコインベストメンツ株式会社

議決権行使の基本姿勢

  • 当社の議決権等行使指図は、顧客の利益を図るためにのみこれを行うものとし、自己または顧客以外の第三者の利益を図る目的で指図を行わないこととする。系列もしくは取引関係等を理由に議決権等行使指図の判断を歪めてはならないこととする。
  • 顧客の利益とは、企業価値(株式価値)の増大、又はその価値の毀損防止を意味し、顧客の利益に貢献するためにこれを行う。

議決権行使の方法

  • 当社の定める「議決権行使に関する行使基準」に従い、議決権行使を行う。
  • 当社の運用部では、当該行使基準に基づき、その責任で各議案に賛成、反対、棄権、白紙委任のうちいずれかを選択のうえ、議決権行使指図を行うものとする。また、議決権行使の基準日以降、株式を全て売却した場合においても、議決権行使に努めるものとする。
  • 顧客から議決権等行使指図の方針が提示された場合には、当社は「議決権行使に関する行使基準」を当該顧客に提示し、当該顧客との間で主体的、合理的な調整を行うこととする。

以 上