フィデューシャリー・デューティー宣言

フィデューシャリー・デューティー宣言

当社は、お客様の大切な資産を運用するにあたり、長期にわたって信頼頂けるよう高度な専門性とお客様のニーズに合致する商品・サービスを提供します。
そのために以下の方針を策定し、「お客様本位」を最優先に考えた施策を実施することを通じて、引き続きお客様の「ベスト・パートナー」となるべく取り組んでまいります。

経済・社会の変化に対応した商品提供

  • お客様の「長期的」「安定的」な資産形成に貢献する商品を提供します。
  • 低金利や運用難などの社会情勢に対応した商品の開発に努めます。

資産運用の高度化

  • 継続的な運用力強化の取り組みとリスク管理の徹底を通じて、適切な資産運用態勢を維持するよう努めます。
  • 資産運用業務のプロフェッショナルを継続的かつ安定的に育成し、人材定着と運用の継続性・再現性の確保に取り組みます。
  • 「日本版スチュワードシップ・コード」を踏まえ、「責任ある機関投資家」としての取り組み等により投資先企業の持続的成長を促し、資産運用の高度化を図ることでお客様の利益の最大化を目指します。

手数料の明確化と重要な情報の分かりやすい提供

  • 当社では、商品・サービスの提供にあたりお客様から所定の手数料をご負担頂いております。こうした手数料には、業務運営における人件費や費用など運営コストが含まれており、「契約締結前交付書面」「目論見書」「投資一任契約細則」等で明示し、十分に説明を行うよう努めております。
  • 金融商品やサービスの販売または勧誘にあたり、お客様のご要望をお伺いし、投資経験や金融知識等を考慮したうえで商品・サービスやリスク内容について資料を基に分かりやすい説明を行います。

利益相反の適切な管理

  • 当社がお客様と末永くお付き合いをいただくために、実効性のある利益相反管理体制の構築に取り組みます。
  • 業務執行部門から独立した利益相反管理統括部署及び利益相反管理統括責任者を設置し、当社の利益相反管理体制の整備、およびその有効性について定期的な検証を行います。また、継続的に改善を図るとともに、従業員全員への研修を実施して利益相反の管理について周知徹底します。

従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

  • 従業員への研修や専門資格の取得への支援などを通じて、市場環境、商品・サービスに関する知識や専門能力の向上に努めます。今後も、知識・能力向上、コンプライアンス遵守等の定期的な研修を通じて、お客様満足度を向上させる運営に取り組みます。

2019年04月01日策定