利益相反管理方針

利益相反管理方針

当社は、お客様の利益を不当に害することのないよう、以下のとおり利益相反管理方針を定めるとともに、この方針に則り利益相反のおそれのある取引を適切に管理致します。

利益相反管理の対象となる取引

当社が管理の対象とする「利益相反のおそれのある取引」は、当社(当社の役職員を含みます。)または当社親法人等が行う取引のうち、お客様の利益を不当に害するおそれのある取引をいいます。

対象取引の特定方法

当社は、利益相反のおそれのある取引を予め類型化し、営業部門から独立した利益相反管理統括部署によって特定します。

  1. お客様の利益を害して、当社が経済的利益を得るか損失を避ける場合(忠実義務型)
  2. 当社がお客様と直接取引を行う場合(直接取引型)
  3. 当社がお客様の取引相手の側に立って取引を行う場合(双方代理型)
  4. 当社がお客様の取引相手との間の、お客様と競合する取引を行う場合(競合取引型)
  5. 当社がお客様の非公開情報を使って利益を得る取引をする場合(情報利用型)
  6. 当社や親法人が同一取引に複数の立場で関与することにより、通常の取引と同様の条件が期待出来ない場合(取引の内部化型)

利益相反の管理方法

当社は、利益相反のおそれのある取引を特定した場合、以下に掲げる方法その他の方法を選択し、又は組み合わせることにより対象取引を管理致します。

  1. 情報隔離・情報遮断の整備により対象部門を分離する方法
  2. 対象取引又はお客様との取引の条件又は方法を変更する方法
  3. 対象取引又はお客様との取引を中止する方法
  4. 対象取引に伴い、お客様の利益が不当に害されるおそれがある旨を適切に開示する方法(ただし、当社が負う守秘義務に違反しない場合に限ります。)
  5. 情報共有者を監視する方法
  6. 対象取引の事前又は事後に検証を行い、利益相反が発生するおそれのある場合または発生した場合に適時に把握する管理プロセスを構築することにより、利益相反の発生を防止する方法
  7. 社内規則等を適用して、管理する方法

利益相反の管理体制

当社は、コンプライアンス部を利益相反管理統括部署とし、コンプライアンス部長を利益相反管理統括責任者とします。利益相反管理統括部署は、コンプライアンス委員会の下、当社の利益相反管理に関する事項を一元的に管理し、管理体制についてコンプライアンス委員会に定期的に報告し見直しを図っていきます。

利益相反管理の対象となる会社の範囲

本管理方針の対象となる会社は以下のとおりです。
メルコインベストメンツ株式会社
メルコフィナンシャルホールディングス株式会社
MELCO Capital Pte. Ltd.